水平に伸びる家 燕市

仕様 長期優良住宅
構造 重量木骨の家(SE構法)

外観ファサードは大きなピロティーをわずか三本のコラムで支えています。
その奥にはゆったりとしたインナーガレージを配置し、水平方向に伸びる構造です。
2階はピロティーにより支えられた大きなLDKが裏の田園に繋がります。
ファサードからは想像がつかない開放的な空がどこまでも伸びていきます。
ほとんどがラーメン構造になっており、高い耐震性と開放感を両立した一軒です。