花火の家 長岡市

仕様 一般住宅
構造 鉄骨造3階建て(積雪荷重2.5M)

長岡花火が目の前で打ち上がる立地です。
設計条件は5台のインナーガレージ、
階別の2世帯、そして屋上から50人前後が花火を観れること。
 
この条件をクリアするため、構造は鉄骨造3階建てにしました。
まずは、ピロティー形式でガレージを作り1階は共用玄関とエレベーターホール、広い内部物置と外部収納を設置。
 
2階は約40坪のワンフロアがすべて子世帯になります。
玄関以外はすべて分離型ですので、造作キッチンや浴槽、洗濯室などの
機能を充実させ、寝室も3部屋。多目的ルームや書斎、さらにはテラスまで
計画されています。
 
3階も約40坪すべて親世帯です。
寝室、ゲストルーム。広いリビングと繋がる和室、ベランダに充実した水周りや
収納など施主様の要望がすべて盛り込まれています。
 
そして120㎡の屋上は花火をパノラマで一望できるほどのスケール。
積雪荷重や積載荷重など非常に難易度の高い設計でしたが、
すべてのご要望を満たした充実した邸宅が完成しました。