ライトコートの家 新潟市

仕様 長期優良住宅(耐震等級3)
構造 重量木骨の家(SE構法)

新潟市の住宅街に建築された一軒です。
北側が前面道路で南側には既存住宅が迫っています。
 
施主様のご要望はプライバシーを守りながら内側に開く空間。
光を取り込むため2階リビングを選択しましたが、利用できる景観は望めません。
そこで、家の中心に吹き抜けの中庭を設け、回廊型の住宅に。
中庭は1階から2階まですべてガラスの筒(ライトコート)になっています。
 
1階のライトコートには水盤に浮いたアオダモが家のシンボルになっています。
ライトコートのアオダモが玄関で家族を出迎え、家の中心に光と風を取り込みます。
 
2階はダイニングキッチンとリビングをライトコートが緩やかに繋げています。
動線のいい奥様のユーティリティースペースはテラスに繫がり、屋根付きテラスと
屋根なしテラスがリビングと回廊型に繫がります。
 
ガラスのライトコート越しに家族の気配が感じられる内に開かれた住宅は
外観からは想像もつかないでしょう。