切妻の家

仕様 長期優良住宅
構造 重量木骨(SE構法)

東西に長い敷地に建つ住宅です。
将来的に隣家により採光の確保が難しいため、2階リビングで計画されました。いわゆる三角天井ですが、
長期優良住宅の認定基準である耐震等級を確保する場合は水平構面の計画がハードルとなります。
そこで1.8M間隔で登り梁を連続させ耐震性能をあげています。三角屋根はテラスまでガラス越しに繋がり、田園を望む事ができます。