2.5層の家 新潟市

仕様 長期優良住宅
構造 重量木骨(SE構法)

交通量の多い通りに面した住宅地での計画です。
通りの目線を遮りながらも開放的な空間をつくるため、リビングの天井を1.5階分の4Mにしました。さらにそのうえに居室を配置し、さながら3階建てのような外観をしています。
オープンキッチンとリビングダイニングはZ型に配置されますがスライドのガラス戸で仕切る事も可能です。
2階からはガラス越しにリビングを見下ろし、ゆるやかに空間が繋がります。
この難しい構造も重量木骨により耐震等級を最高ランクの3を取得しています。