田園の家 新潟市

仕様 長期優良住宅
構造 重量木骨の家(SE構法)

田園を一望できる立地に建つ住宅。
3面を道路が台形型に接道する異形な敷地です。
前面道路からの視線を遮りながら田園の眺望を生かすため2階に
リビングは配置されています。
リビングゾーンは約40センチほど段差があり、コーナーブースのような
感覚が味わえます。ソファーの座面はほぼダイニングキッチンのフロアラインと
フラットになるように設計されています。
田園の眺望側には大きなベランダが配置されています。
ベランダは西側に面するため全てに屋根がかかり、西日のコントロールをしています。
同時にリビングは大きくセットバックしているため、前面道路からの視線を遮りながら、
リビングからの視線は、平行に田園のみを切り取り絵画のような美しい眺望を作ります。
3面道路のためドライブスルー型のピロティガレージになっています。
大きなピロティをわずか3本の柱で支える構造ですがSE構法により実現されています。